帝都メディカルクリニック西新井駅前院

 東京都足立区西新井栄町2丁目3−3

 さくら参道ビル4階

​ (西新井駅西口 パサージオ向かい)

東武スカイツリーライン西新井駅西口徒歩1分

© 2017 帝都メディカルクリニック西新井駅前院

椎間板ヘルニアとは

ここでは好発する腰椎椎間板ヘルニアについてお話しします。

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中の線維輪と呼ばれる組織に亀裂や断裂が起き、髄核や線維輪が周囲に飛び出すことで神経根(脊髄から出ている神経の根元)や馬尾(脊髄が下部腰椎で神経の束に変わったもの)を圧迫し障害を生じているものです。

20〜40歳代に好発します。症状は、腰痛、下肢痛、下肢のしびれ・筋力低下、膀胱・直腸障害です。

椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、薬物療法リハビリテーション、ブロック療法をはじめとする保存療法がまず選択されます。保存療法の有効率は44〜86%と言われています。

薬物療法では、消炎鎮痛剤やプレガバリンを使用します。

消炎鎮痛剤には、アセトアミノフェンや非ステロイド性消炎鎮痛薬が用いられます。プレガバリンは神経障害性疼痛(神経が圧迫された事による痛み・しびれ)に対して用いられる第1選択薬です。

MRIによる調査で、ヘルニアが自然消失あるいは縮小することが分かっているため、ヘルニアがなくなり症状が消失するところまで薬物療法を継続し症状を和らげます。腎機能、肝機能障害があると薬物療法を行えない場合があります。

リハビリテーションでは体幹部の筋緊張を和らげるように、ストレッチを行ったり、腰部にコルセットを使用して局所の安静を図ります。

腰椎椎間板ヘルニアに対して有効なブロック療法に腰部硬膜外ブロックがあります。薬物療法、リハビリテーションが無効な症例や、症状が強く日常生活にまで影響のある場合にブロックを用います。

これらの保存療法を2〜6ヶ月間行っても症状が消失しない場合、外科的治療が考慮されます。また、発症初期であっても、下肢の著明な筋力低下・感覚低下、膀胱・直腸障害を認める場合は緊急手術となることがあります。