帝都メディカルクリニック西新井駅前院

 東京都足立区西新井栄町2丁目3−3

 さくら参道ビル4階

​ (西新井駅西口 パサージオ向かい)

東武スカイツリーライン西新井駅西口徒歩1分

© 2017 帝都メディカルクリニック西新井駅前院

線維筋痛症とは

線維筋痛症の特徴は、「日常生活に悪影響を及ぼす、空間的に時間的に多発する慢性痛」です。

 

線維筋痛症の痛みは一定のものではなく、痛みの部位が全身であったり、身体の一部であったりします。

 

痛み以外の症状には、「疲れ」「だるさ」「こわばった感じ」「不眠」「うつ」など多彩です。こうした症状がお互いに影響し合い慢性化しやすくなります。その結果、社会生活に支障をきたす恐れがあります。

​日本国内には推定200万人の罹病者がいるとされ、最近ではアメリカ人歌手レディ・ガガさんが線維筋痛症であることを公表して注目を集めました。

線維筋痛症の原因

線維筋痛症の原因は不明確な部分が多くあります。

 

現在最も広まっている説として、脳の痛み刺激を感じる機能に一部障害が起きている、というものがあります。

 

脳には「痛み刺激を伝える機能」と「刺激を抑える機能」が備わっています。ストレスなどの原因でこれらの機能に変化が生じると、刺激を多く伝えるもしくは刺激を抑えられない状態になります。健常人では痛みを感じない程弱い刺激情報であっても、脳が「痛み」として感じてしまうようになります。

 

このように、線維筋痛症では脳機能の変化が「痛み」を生んでいるため、症状が見られる部位自体を検査しても、異常を認めることはありません。そのため、気のせいと言われてしまったり、気にしすぎと言われてしまったりしています。

こうした脳機能の変化は、心理的・社会的なストレスや外傷がきっかけで発症する事が多いということが知られています。一方でストレスを受けた人すべてが線維筋痛症を発症する訳ではないため、何故特定の人で線維筋痛症となるのかはまだよくわかっていません。現在でも世界中で様々に研究が行われています。

線維筋痛症の治療

慢性腰痛の治療は、薬物療法リハビリテーション、注射療法に大きく分かれます。

薬物療法には様々な薬剤が用いられます。痛み止めの代表格には消炎鎮痛剤がありますが、慢性腰痛の場合は炎症が関わるものでなければ無効なことが多いです。慢性疼痛には中枢神経(脳、脊髄)が関わることが多いため、そういった部分に対して作用する薬剤を用いることが多くあります。例えば、オピオイド受容体に作用して鎮痛効果を発揮する薬(トラマドール)や、脊椎の神経伝達を抑える薬(プレガバリン)、下行性抑制系神経を活性化させる薬(ノイロトロピン、デュロキセチン)などです。これらは通常の急性痛に用いられることが稀ですが、慢性疼痛の治療には欠かせません。

リハビリテーションでは体幹部の筋緊張を和らげるように、ストレッチを行ったり、体幹部を支えるための筋力増強訓練を行います。筋肉の柔軟性を高め、筋肉量を増加させることで筋肉への血行をよくし、筋肉の代謝を促し痛みを軽減することができます。

線維筋痛症に有効な注射療法にトリガーポイント注射があります。トリガーポイント注射は、医師が患部を触診し筋硬結を触れたところ(トリガーポイント)に注射を行う方法です。線維筋痛症の患者さんには全身に多くのトリガーポイントが存在し、トリガーポイント注射をすることで局所の疼痛が軽減することがあります。おそらくトリガーポイントからの痛み刺激が常に脳に信号を送り続けて線維筋痛症の病態を悪化させるため、注射によって刺激が抑えられると症状が軽快すると考えられます。