• 帝都メディカルクリニック院長|藤田将英

天気と痛みの関係について

最終更新: 2018年8月3日


天気と痛みの関係。どうして雨で痛みが増すのかについてお話します。

みなさんこんにちは、帝都メディカルクリニック院長の藤田です。


最近、梅雨のせいでお天気が悪いですね。天気が悪いと、なぜか頭や関節が痛む、という方は少なくないのではないでしょうか。


お天気の変化によって起こる痛みを「天気痛」といいます。今日は天気痛について解説していきます。


以前は「気のせい」で片付けられていた天気痛も、最近ではそのメカニズムについて徐々に解明されつつあります。


天気痛の原因は、耳の奥にある「内耳」にあるとされています。内耳の中の三半規管という3つの骨が、身体の傾きや動きを感じ取るセンサーの働きをしています。


実はこの三半規管、気圧の変化も感知することができるようで、低気圧が近づくと脳がその危険を察知して「交感神経」を刺激します。


交感神経は、本来は身体を興奮させ危険から逃げ出す時に使われる神経です(英語では"fight or flight"、つまり”戦うか逃げるか”に使われる神経)。


この交感神経の刺激が痛覚を刺激して、痛みを引き起こします。


つまり、

「天気が悪い(気圧が低い)」

「三半規管が気圧を感じる」

「脳へ情報が伝わる」

「交感神経を刺激する」

「痛覚を刺激する」

「痛みが強くなる」

という流れです。


そのため三半規管が敏感な方は、気圧の変化を感じ取る力が強く、天気の変化で痛みが左右されやすくなります。とくに車酔いの強い方は、三半規管が敏感なことが多いので注意が必要です。


天気痛を感じる方は、天気予報をチェックして身構えておくことで、痛みも軽くなるかもしれません。


#天気痛 #三半規管 #ペインクリニック #交感神経

帝都メディカルクリニック西新井駅前院

 東京都足立区西新井栄町2丁目3−3

 さくら参道ビル4階

​ (西新井駅西口 パサージオ向かい)

東武スカイツリーライン西新井駅西口徒歩1分

© 2017 帝都メディカルクリニック西新井駅前院