• 帝都メディカルクリニック院長|藤田将英

腰痛の原因について

みなさんこんにちは、院長の藤田です。

今回は当院にも多く来院されます腰痛の原因について記事にしていきます。


腰痛の原因については昔から多くの研究がなされていますが、医学界で最も有名なものはDeyoによる報告*1です。


その内容は、プライマリーケアの現場において腰痛の85%が「非特異的腰痛」として明らかな原因はないというものです。原因がはっきりしないため、鎮痛薬の処方のみで経過をみることになります。


しかし近年の診断精度の向上、疾患概念の確立により、現在は逆に8割が診断可能であるとされるようになってきました*2。


私の実感としても、症状と理学所見、レントゲン検査で多くの腰痛が診断可能であると考えています。


腰痛をきたす疾患のうち、最も多いのが筋筋膜性腰痛症(MPS)でしょう。筋肉が硬くこわばって、押したり、身体を動かしたりすると腰痛が強くなる特徴があります。MPSはほとんどが姿勢や職業関連、筋力低下に基づいているため、運動指導や姿勢指導でかなりの方が改善します。そのほか、筋弛緩薬や漢方薬、トリガーポイント注射が有効な場合が多いです。


次に多いのは、椎間関節性腰痛でしょう。椎間関節は背骨の上下の継ぎ目にある関節です。身体を背屈すると椎間関節の間が狭くなり、そこに後枝内側枝と呼ばれる細い神経が挟まれて強い腰痛が出るのが疾患のメカニズムです。この腰痛の場合、リハビリテーションに加え鎮痛薬や椎間関節ブロックで治療する。


また、腰の低い位置に来る腰痛では仙腸関節性腰痛もあります。仙腸関節は骨盤の左右にある関節で、そこに不安定性があると神経にさわり痛みを引き起こします。リハビリテーションや鎮痛薬の使用で鎮痛が不十分な場合には、仙腸関節ブロックが行われることがあります。


そのほかで腰痛を起こす疾患には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折などが有名ですが、実際には少数派です。しかし、下肢のしびれ、筋力低下や膀胱直腸障害*3が出現している場合は手術療法が必要になることがあります。


ある程度ご自身で診断を絞り込む方法として有用なのは、身体を前後に曲げる方法と背中を押して痛む場所を確認する方法です。


前に屈んで痛みが出る場合、腰椎椎間板ヘルニアやMPS、仙腸関節性腰痛が疑われます。後ろに屈んで痛みが出る場合、脊柱管狭窄やMPS、椎間関節性腰痛が疑われます。


背中を触って、ど真ん中に触れる背骨を押して痛む場合は椎間関節性腰痛が疑われますし、真ん中よりも左右に離れた範囲が痛い場合はMPSを疑います。

今回は腰痛の原因について記事にまとめました。より治療効果を高めるには正確な診断が必要です。確実に腰痛を治療するには、正しい診察と診断が必要なので、なかなか治らない腰痛は医療機関へご相談ください。


*1 Deyo RA, Weinstein JN. N Engl J Med. 344, 2001

*2 Suzuki H, et al. PLoS One. 11, 2016

*3 尿閉や便秘など

1,456回の閲覧

帝都メディカルクリニック西新井駅前院

 東京都足立区西新井栄町2丁目3−3

 さくら参道ビル4階

​ (西新井駅西口 パサージオ向かい)

東武スカイツリーライン西新井駅西口徒歩1分

© 2017 帝都メディカルクリニック西新井駅前院